teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/39 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本大好きですが、、、何か?!

 投稿者:ひとりごと  投稿日:2018年 9月30日(日)20時58分19秒 x191220.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  通報 返信・引用
  何やら日本を愛するキリスト者を批判しているのがロゴスミニストリー(カルバリチャペル)ですか。
でも政治的なことしているのは、むしろカルバリグループの教会じゃないんですか?政治家城内氏との対談、外務省、天皇と諸外国との友好関係構築など。ある日韓合同教会が、拉致被害者家族に対して言っている事は許されるんですね。欧州はCSUとかCDUとか政党名に入っていますよね。また日本のキリスト教学校にはなぜか生徒もノンクリスチャン、教職員も大半がノンクリスチャンって意味が解りません。ある女子校(偏差値70以上)も毎朝の聖書の時間、クリスチャンが教えていません。理事が言っていましたが「教職員にクリスチャンが2人しかいない」そうです。キリスト教大学の教授でさえ、クリスチャン教職員を採用したがらないのが事実です。宗教臭くなるそうです。そう言っていました。言っている意味が解らなかったですが。教会学校に通って中学校修了したのだから、そのままキリスト教系列高校や大学を受験すればいいと思うのですが、偏差値が高すぎて合格が難しい。情けない。本当に摩訶不思議。こんな環境を神様は望んでいないと私は信じています。布教と言いつつ、横浜の女子校のクリスチャン校長はフランスのサルトル論を展開するキリスト教学校です。親族のシュバイツァーを見ないんです。寄宿舎カトリック系女子校はノンクリ女子が夜間徘徊し、男遊びの女子高と言われています。知人が1年もしないで、あまりの不品行さに公立に編入した具合です。これらもすべては神様の為と計画と言えることなんですよね。カルバリグループのロゴスミニストリー風に言えば。
私から言わせれば、単純に学校の方針と運営方法が的外れなだけです。信仰一切関係ないです。
私はこういう彼らクリスチャンとは一切コミュニケーションいたしません。日本が大好きなクリスチャンです。

話を本筋に。「日本を愛するキリスト者の会」がもっともっと祝福されても良いと思っています。また在日中国人・朝鮮人・帰化人のクリスチャンにはぜひ読んでほしい関連本があります。文永弘安~文禄慶長の役~1886長崎事件、1927南京漢口済南事件、1931中村大尉事件、柳条湖満州事変~1937盧溝橋通州上海正定南京事件~1938オルポート・樋口少尉事件までの書籍が多数出版されているので、検証読了してほしいです。辻褄を合わせてみてください。60~70冊のかなりの量になると思いますが。日本に帰化や日本が好きで生きているのなら、日本を批判しないでまず読んでみて検証することくらい出来るはず。

ところで、中国、朝鮮半島には「国防動員法」という法律が存在しています。
これは、「有事の際には、民間のヒト・モノ・カネすべて強制接収できる」という、民主主義国家ではあり得ない共産主義独裁的な規定です。
つまり、戦時には日本国内にいる在日中国・朝鮮人の民間人がすべて敵兵(ゲリラ化)してしまいます。
1965年以降は日本と北朝鮮は国交がないのですが、今日本には中国人が75万人、朝鮮人50万人入れると120万人以上います。若気の至りで外国に目が向き、自分の価値観の不安定さを欧米諸国やアジアに向けていた方々、母国とは何か。自分とは何者か。もう少し丁寧に考えても良いのではないでしょうか。私は右でも左でもカルトでもありません。日本が大好きな一般人です。

もしですよ。日本と中国朝鮮が戦争になり、日本国内が有事になった場合、在日クリスチャン中国人・朝鮮人・帰化人が、日本人婦女子を暴漢していた(目撃したら)ら、私は迷うことなく彼らを残らず仕留めます。主は許してくれると確信しています。しかし、戦時中多くの日本兵は、共産匪賊(構成員は中国人・朝鮮人・モンゴル人の混成匪賊チームから成る)に日本人婦女子を暴姦され、皆殺しにされても、反撃を最小限に止め捕虜化し、自陣での労役を課し現地インフラの整備や発展に寄与していた事実。将棋のような所作や扱いですね。現場を治める日本人は、昔から人間が出来過ぎています。それでも今現在も慰安婦問題・拉致問題が解決しません。これに一部クリスチャンたちが関与していた・いることは事実です。

益々「日本を愛するキリス者の会」が祝福されていきますように。在主
ひとりごとです。。。zzz、、、
 
 
》記事一覧表示

新着順:13/39 《前のページ | 次のページ》
/39